FC2ブログ
line-s
03.06
お久しぶりです。

今回は、本のレビューとかではない感じのもの少々・・・

ぶっちゃけくだらないことなのでじっくり読まないで頂きたい(>▽<;;

あ、でも、色々と議論とかできたら面白そうなので、コメントとか頂けたら嬉しいかも(=^^=)
さて・・・

オタクやってると、周りにオタクが多くなるのは必然のことなんだけど

オタクって言ってもいろんなタイプの人がいますよね

隠れオタクとか、布教オタクとか、

ジャンルだとアニオタとか声優オタとか色々いるわけですが、

個人的に、あんまり好きじゃないのがミーハーなオタク

特に、割と頻繁に好きなものが変わる人ですね

別に好きなことが頻繁に変わること自体は別にいいと思うんですよ

それ自体は

で、別に、頻繁に好きなことが変わって、その時の好きなことを他人に勧めるのも自分的にはそんな気にならないんですよね。

ただ、

好きなことが変わるときに、以前好きだったものに対して、否定的だったとか

今と昔を比較して、昔のマイナス面を挙げてしまうような

そういうことを言う人っていますよね。

で、今好きなものに対してひたすらにしゃべるっていう。

自分にまったく関係ないとだったら、聞き流すなりして特に気にはしないんですが、

自分の好みに関わってくると、やっぱりあんまり良い気分しないわけです。

新しく好きになったものが、自分の好きなものであるという場合も同じです。

なんか自分が好きなものに対して色々と語られてもなんか変な感じです。

そうはいっても、自分も、言い訳のような感じでそういうことを言ってしまうことはあります。

ただ、やっぱりそういうのはあんまりよくないよなぁ、っていつも思ってしまいます。

前好きだったものを、今も好きな人に対して失礼っていうのもありますし、

前の自分の好みを否定してしまってるような気がするんですよ。

正直、前の自分の好みというよりは、その頃の自分自身とかそんな感じですかね。

で、新しく好きになったものが相手と一緒であるというのなら

やっぱり自分の方が経験は少ないわけだから相手の意見は尊重しなきゃいけない。

後者は、そんな重要ではないのかなぁと思いますが、

前者はやっぱり重要なんじゃないかなぁと思います。

たとえ、好きなものが変わっても、まえ好きだったものを否定しちゃいけない。

たとえ、以前のものが明らかにマイナス的な物だったりするんだったら

それでの経験を反省の糧として肯定的にとらえていけないといけない。

そんなことをふと考えるのです。
スポンサーサイト



トラックバックURL
http://kimagurefresh.blog.fc2.com/tb.php/46-dfa59e85
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

Rifu

Author:Rifu
AC厨ながら勇者系ロボも好きな雑食系ロボットオタク。
そしてちょっとマイナーなラノベを愛する変人でありながら,
とりあえず工作したいということで痛モノだったり切り絵だったりプラモだったりに手を出してる(多分)手先は器用な人種.
加えて言わずと知れた(?)ツインテール好きの一人.
またの裏の顔はゆるーくPSO2古参勢の端くれ





PSO2 SHIP5在住 
ID:Rifu メインキャラ:デュアル(ツインテール馬鹿)


同人創作サークル「貧民ヒコーキ」の主です.


mixi

twitter

Pixiv

fg

訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援中
紅い瞳に映るセカイ 応援中!! 【サクラノ詩】応援中!
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top