line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.30
SN3R0123.jpg

~あらすじ~
稲葉悠大にはロリコン疑惑があった。幼女のパンツを手にさまよっていれば誰だってそう思うことだった。決定的な場面を見られてしまい、警察に通報されそうになる悠大だが、これにはとある訳があった! ――子育て。そう、悠大は幼なじみのしおりと二人で、五歳のリリィを本当の両親が見つかるまで育てているのだった。……これなんていい話? ドS少女ほのかや委員長に妨害……いや助けられながらもハ~トフルな子育て日誌を開始するが、悠大をストーカーする電波少女・エレナが衝撃の事実を告白してきて!? 新世代ロンリーボーイ・ミーツ・ロンリーガールラブコメディ!

ということで

タイトル的にははがないの逆版みたいな感じですね(笑)

一応、内容的には幼なじみ高校生の子育てもの・・・すごくリア充な感じが・・・

まぁ、異性の幼なじみがいるだけでリアじ・・・(笑)

全体としての感想ですが、

こう絶対的に悪いってわけではないですが・・・

なんというか、全体的に中途半端なんですね

他のレビューでも見かけましたが、整合性が取れてないせいで、読んでて違和感を感じたりはしました・・・

が、それはラノベではちょくちょく見かけるので目をつぶるとして、

設定や、キャラの使い方が弱いんですかね・・・

主人公の親友がドMだったり、ヒロインの親友がドSだったりするんですが

その設定作ったならもっと押しても良かったように思います

で、シリアス方面でも、タイトルのぼっちっていうところの押しが弱いかなぁ・・・

タイトルに書いて、一応内容盛り込もうという感じがある割には

サラッと流しちゃってる感じがして物足りない感じ・・・

ただ、設定自体は面白いかなぁって感じはします

続編出して、もうちょっと設定やらなんやら押す感じのものにしたら結構面白いものにはなりそうなんですけどね・・・

う~ん、ちょっと惜しい・・・
スポンサーサイト
line-s
11.27
SN3R0118.jpg

~内容~
六月五日。士道の通う高校に災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」転校生の少女、狂三の衝撃的な自己紹介。校内を案内することになった士道に、少女は微笑を浮かべささやく。「士道さんにお願いがありますの。…聞いてくださいまして?」世界を殺す災厄を体現するかのように己の意思と、明確な殺意で、愉悦を感じながら、人を殺す最悪の精霊。「精霊が現れやがったんです。ならぶっ殺す以外にすることはねーです」そして、その精霊を殺す少女、真那。人を殺す少女と精霊を殺す少女。悪夢を断ち切るため、デートして、デレさせろ!?―。

ってことで、個人的には結構オススメしてるデートアライブの3巻です

今回は、一話完結ではなく次に続きます(  ̄▽ ̄)

最初見た時、狂三って何て読むのかと思いましたね・・

きょうぞう、ではないです・・・くるみ、ですので・・・(笑)

だいぶ今までの精霊とは雰囲気が違う感じで、ちょっと危険な感じの精霊ですよ

3巻になって、だいぶ主人公のハーレムっぷりが加速してきてますね

モテモテですよ主人公・・・妹にもモテモテです(笑)

そして、今回は主人公の秘密に触れてくる部分が出てきました

次の巻で解明されるのか?!

作者の書き方も相変わらずのノリの良さですね~

この作者の書き方はうまいです

ってことで・・・

盛り上がってきましたデートアライブ3巻でした(  ̄▽ ̄)
line-s
11.23
SN3R0115.jpg

~内容~
悪徳清掃会社を壊滅させ、平穏な日常を取り戻したかに見えた英継(勇者)たち。ふたたび同居することになった魔亜子(魔王)との仲も前進かと思いきや、新たな火種が生まれていた。転校生の美少女・灰塚一藍の猛烈アタックにタジタジの英継。怒り心頭の魔亜子はヤンキー姿に逆戻りしてしまう。一方、怪しい噂を調査していた五月雨は何者かによる超常現象を突き止めるが…。分別上等ドタバタ学園ラブコメ第2弾。


燃えるゴミではなく、萌えるゴミですので・・・

萌えるゴミってゴミじゃないよね・・・(笑)

ということで、萌えるゴミ2巻

全体的な印象としては、1巻を少し丸くした感じ

いや・・・一巻が結構インパクトあったのでそういう意味ではインパクトがちょっと弱くなったかな・・・

一巻は、お前は勇者だ、とか魔王だ、とかのキャラ紹介的な感じがありましたからね

仕方ない(笑)

しかし、著者はゲームのシナリオなんか書いてる人らしく

会話の書き方が面白いですね

キャラ自体がちょっと癖あるってのもあると思いますが、うまい感じに・・・

みーちゃん良いキャラしてますね・・・(笑)

ってか、魔王の母ちゃん・・・一巻だけでは飽き足らず二巻でも地味なアピール・・・(; ̄▽ ̄)
line-s
11.20
SN3R0113.jpg

~内容~
「半径2メートル以内に近づく者の下着を消し去る」前代未聞の能力“パンツブレイカー”を持った少年・汐正幸。周囲に疎まれ、研究機関や宗教団体に狙われる受難の果てに、妹の美幸とともに特殊学校法人「国立醍醐学園」へやってきた。そこは正幸のような特殊な事情を持つ生徒だけを通わせるための学園だった。正幸の能力に興味を持った天才少女・姿影那はその力を解明しようとするが、影那に恨みを持つ者が襲いかかる!ノーパン異能学園ラブコメ発動。


なんか久々の更新(汗

いや・・・アレなんですよ

6畳間追いつこうと思って、読んでたんですが

個々の巻でレビュー書くのもなぁって思ってたら今に至ってるんです

あ、まだ追いついてないです(汗


ってなわけで、違うラノベです(^_^;)

一迅社がやってくれましたよ

パンツブレイカー

タイトルで即買いでしたね(笑)

いや、だってこのタイトルですからね・・・買うしか・・・

内容サラッと行きますが

ギャグです

真面目な顔でギャグな感じです

最初からなんかよく分かんないです・・・ノーパンですし(笑)

オチも・・・むちゃくちゃです

格好良い振りきたのにそうきたかって感じで・・・(笑)

キャラ自体が濃いわけではないんですよね

土台としたネタがぶっ飛んでるだけで・・・(笑)

いや、面白いとは面白いと思いましたよ、ほんと

タイトルだけでも良いからもうちょっと有名になってほしいですね(  ̄▽ ̄)

ネタ好きの方はどうぞ~



後々気付いたんですが・・・

この著者、俺のケータイなんて可愛くない、書いてたんですね~

やはりこういうのが好きなのか~自分(^_^;)

line-s
11.11
先日、訪問者数が百人超えましたね

感謝(´▽`)

ひっそりとやっていたので、なかなか人来ないかなぁと思ってましたので・・・(;・∀・)

平均一日5人です・・・

5人も来てくださってるなら続け甲斐がありますね(笑)


10人とか20人とかそんな恐れ多いことは言いません(^_^;)

むしろ、少数の方がコミュニケーションが取りやすくも・・・あるかな(笑)


ってな感じの報告でした。

でわでわ~
line-s
11.09
ってことでプロフ絵、追加しました

まぁ、服とか塗るのめんどうになって適当に切っちゃってるんですけどねぇ・・・(オイ

という感じの更新報告です(笑)
118Ico.jpg

line-s
11.08
SN3R0094.jpg

~内容(6巻)~
シルヴィアによる、アッシュへの想いの告白――そしてキス。そのことが許せないエーコは、ナヴィーのもとで特訓に励んでいた。「竜族の間では、一夫多妻制が普通だったの」「そんなの不潔だわ!」一方で、エーコとシルヴィアふたりの間にはさまれて胃の痛い日々を送るアッシュ。そんな中、学院の創立五百周年祭の準備に向けて、レベッカたち生徒会メンバーが里帰りから戻ってくる。だが、生徒会副会長にしてシェブロン王国の貴族・オスカーがエーコのことを狙っているらしく、学院内で私闘を挑んできて……!? 

なかなか書く機会がなかったのでまとめて紹介~

ってことで、聖刻の竜騎士3巻から6巻です

まとめて読むとアレですね

主人公のハーレムっぷりがよく分かりますね(笑)

ってのもありますが、アッシュ、エーコの成長っぷりがすごいです

いつのまにやらすごく強くなってます(^_^;)

内容の方も、かなり規模が多きくなってまいりました

エーコの存在が明らかになり、各国を巻き込みつつ話が拡大

キャラクターも増えてきてますね・・・

ミルガウスに関する話が思いのほかあっさりだったのは意外でした

もうちょっと、ミルガウス引っ張りそうな気がしたんですが・・・6巻登場してないし(笑)

しかし・・・やっぱり

主事項のハーレム進行具合と、相変わらずのちょっとエロい感じが印象に残ります(笑)
line-s
11.08
SN3R0095.jpg

~内容~
「許さない。お前を殺す―バーストポイントが全部なくなって、加速世界から消えるまで、殺し続ける」再び“クロム・ディザスター”となってしまったハルユキは、“アッシュ・ローラー”を痛めつけていたアバターたちを鬼神のごとき力で瞬殺する。そして、深部まで完全に“災禍の鎧”と融合してしまうのだった。滅ぼすべき敵を求めて“加速世界”を飛翔するシルバー・クロウ。そして彼は、次なるターゲットとして、“ISSキット”とその制作者たる“加速研究会”に憎悪の矛先を向けた。誰も制止不能の狂戦士。そんな彼の前に、一体のアバターが立ちふさがる。その名は、“グリーン・グランデ”。最強の大盾、“ザ・ストライフ”を携える絶対防御の“緑の王”と、呪われた狂気のアバターが激突する―!“災禍の鎧”編、完結。

アニメ化決定しましたアクセルワールド9巻です

やっと、災禍の鎧編も終了ですね

相変わらず、横槍が多い感じではありましたが

上手くまとまりましたね

相変わらずの熱血ぶりで、真正面から絆とか友情とか愛を書いてくるのはすごいですね

ちょっと、災禍の鎧もいいやつに思えましたよ(笑)

そして、アッシュの驚愕の事実・・・

これはさすがに驚きましたね

こういうのも入れてるから、各編が異様に長くなるってのはあると思いますが・・(^_^;)


ってな感じでアクセル9巻です

最初から読まないとすちーりー分かりにくいですが、読みごたえはありますのでドウゾ
line-s
11.07

ということで、先日、呉まで行って来ました。

簡単に写真なんかを上げながら旅の様子でも・・・

相変わらずの一人旅ですよ(笑)


〇11月5日~11月6日

夜行バスで、大阪から暮れまで移動

まぁ、朝についても正直やることがないので、

呉駅前の、大和温泉物語という、温泉?に入って適当に時間をつぶしてました。

良い時間になったら、呉の観光名所と言われてるところを順番に・・・


1、大和ミュージアム
写真は展示してある大和の模型です~

やっぱり戦艦とかの話聞くってなるとテンションあがりますね(笑)

ミュージアム自体は、大和をメインにしてる感じはありますが、

全体としては、呉の軍港とか、呉で作られた戦艦なんかを取り上げた感じですね~

現代の船に関するブースもあります。
CIMG0253.jpg

2、てつのくじら館

潜水艦や、魚雷なんかをメインにしてますね。

実際に潜水艦の中に入ることが出来ます。

CIMG0254.jpg

3、歴史の見える丘

大和の記念碑などがあります。

大和が作られたというドッグを見ることもできます(屋根のつくりは当時のままらしいです)

CIMG0256.jpg
CIMG0258.jpg

4、アレイからすこじま

実際に、自衛隊が使っている、船やら潜水艦が見えるらしいです。

日曜日には一般公開もやってるらしいですよ

5、入船山記念館

旧呉鎮守府指令長官官舎があります。

洋風と和風が混ざった、面白い構造をしています

全国でも珍しい金唐紙が見れます
CIMG0271.jpg

6、長迫公園(旧海軍墓地)

大和戦死者の慰霊碑などがあります
CIMG0276.jpg

関係ないですが、割と有名らしいメロンパン
CIMG0273.jpg

このパン重いんですよね・・・

実際に食べてみると分かるんですが、カスタードクリームが中にすごくつまっていて、ボリューム的にも重いです

味は美味しかったですよ(笑)


戦争の一片を知るという面でも観光地としては良いんではないでしょうか。

単純に、戦艦とか好きならそれだけでも結構楽しめそうではありますね。

天気調べてなかったのもあって、あいにくの雨だったのが残念でした・・・


続きを読む
line-s
11.04
51obz+K.jpg

~内容~
「お仕置きだ、シルヴィア」  シルヴィアの姉・〈鉄血の戦乙女〉ヴェロニカ王女がアンサリヴァン市を訪れる――?   アッシュとエーコの活躍で屍灰竜による襲撃を退け、落ち着きを取り戻した学院都市アンサリヴァン。街を救った謎の騎士(=アッシュ)は〈銀麗の騎士〉と呼ばれ、女子生徒たちの間ではファンクラブまでできていた。「あわよくば〈銀麗の騎士〉の子胤を授かろう、などという魂胆も窺われる」「こ、こだっ ――!」……が、アッシュにとってはいい迷惑。一方、シルヴィアの姉であるヴェロニカ第一王女がアンサリヴァン市を訪れるという報せが入った。だが、それを聞いたシルヴィアは、突然脅え出してしまい……!? 美少女ドラゴンが歴史を刻む本格ファンタジー、進撃の第二弾!

ファンタジー物として王道って感じですね

ってな感じで2巻です(現在6巻まで出てます)

今回は、シルヴィアメインの巻です

いやぁ、シルヴィア良いキャラしてると思いますね~(ヴィジュアル含めて)

内容自体は、割とありがちな感じですが

ちょっとした笑いセンスはうまいなぁって思います

あと、地味にエロい(笑)

全体としてはラノベらしく読みやすく仕上がってると思います

伏線色々と貼ってるみたいなんで2巻以降少しずつ消化していく感じなんですかね~

気になる方は一巻からどうぞ

line-s
11.04
51u4ms.jpg

~内容~
田舎の村でオレが出会ったのは――心が読めるクーデレロリっ子!?
明日香先輩の絶対不可避の予知を巡る騒動から一カ月。いまだ先輩との距離感をつかめないでいたオレは、サヤ姉と里帰りした田舎の川辺で憂いを秘めた少女――綿貫聡里(推定年齢10歳)と出会う。「他人の心が読める」という聡里の苦悩を聞き、オレは彼女の助けになろうとするが……。あれ? 先輩がどうしてここに!? 先が読めない絶対領域ラブコメ第2弾!!


ってことで量子力学系ラノベ第二弾です

と言いましたが、そこまで量子力学ガンガン押してる感じではないです

あくまで要素の一つって感じですかね

1巻の時もうまくまとまってるかなぁって印象はありましたが

今回も、全体としてはうまくまとまってる感じです

まぁ、一巻との矛盾を若干感じる部分もありますが、その辺は気にしない方向で(笑)

一巻では、扱いが微妙だったサヤ姉を、押してきてる感じですね

先輩の扱いが良いってのは相変わらずかな?

一巻の時に悪い意味で気になった部分修正してきてる感じがありますし、

一巻の時よりは良い感じなのではないでしょうか


そして、主人公がロリコンに目覚める(笑)


line-s
11.02
SN3R0088.jpg

~あらすじ~
高校から一人暮らしを始めることになった苦学生・
里見孝太郎が見つけた家賃五千円の格安物件。
その部屋《ころな荘一○六号室》は……狙われて
いた! 意外な手段で続々現れる可愛い侵略者た
ちと孝太郎との壮絶な(?)闘いの日々が、たった
六畳の空間で、ぎゅぎゅっと幕を開ける!

珍しく、ちょっと前のラノベですね~

前々から気になっていたのでちょっと読んでみました

まぁ、なんというか・・・

無難な感じですね

一応、結構厚い部類ではありますがサクッと読めってしまったので

読みやすい部類ではないかと思います

ただ、キャラが多いので、キャラ紹介に費やしたって感じで

良くも悪くも1巻ですね

現在8.5まで出てること考えると結構長いみたいですし

2巻以降読んでみてどう化けるのか、気になるところではあります





line
プロフィール

Rifu

Author:Rifu
AC厨ながら勇者系ロボも好きな雑食系ロボットオタク。
そしてちょっとマイナーなラノベを愛する変人でありながら,
とりあえず工作したいということで痛モノだったり切り絵だったりプラモだったりに手を出してる(多分)手先は器用な人種.
加えて言わずと知れた(?)ツインテール好きの一人.
またの裏の顔はゆるーくPSO2古参勢の端くれ





PSO2 SHIP5在住 
ID:Rifu メインキャラ:デュアル(ツインテール馬鹿)


同人創作サークル「貧民ヒコーキ」の主です.


mixi

twitter

Pixiv

fg

訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援中
紅い瞳に映るセカイ 応援中!! 【サクラノ詩】応援中!
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。